小中一貫教育、強引に推し進めることはしない!


浅口市議会は、本日一般質問三日目でした。令和3年度から実施予定の小中一貫教育について、浅口市の中野教育長は、コロナ禍で保護者や地域への説明が十分できておらず、令和3年度は移行とし、令和4年度から本格実施したい、同時に、「強引に推し進めることは考えてなく、無理のないように進めていく、子どもにとってどういう形がよいのか学校などとも協議していきたい」と答弁しました。伊澤 誠議員の質問への答弁。
私は繰り返し、小中一貫教育については中止を求め、少なくてもコロナ禍の中ではするべきでないと求めていました。

一般質問と議案質疑!

浅口市議会は本日が4日目。一般質問と議案質疑が行われました。
質問者と質問項目は以下のとおりです。
山下周吾議員・・・1 DVと児童虐待の関係性及び支援体制について 2 地域公共交通機関としての市営バス浅口ふれあい号について 3 コロナ禍における行政サービスのオンライン化市民窓口センター構想について
伊澤 誠議員・・・1 防災重点農業用ため池等について 2 小中一貫教育移行開始について

一般質問しました!

浅口市議会は、昨日が一般質問の二日目。私も質問しました。
私が質問したのは、1 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止について 2 市税等の滞納について 3 市職員が生きがい・働きがいをもって働ける職場づくりについてで、執行部の答弁の主なものは以下の通りでした
1の中のPCR検査の医療機関や介護施設、学校、学童保育などの関係者への社会的検査については、医師会などと協議したが様々な理由で難しいと答弁がありました。また心配なため自らが自費での検査を希望している場合に市内の医療機関でできるのかについては、市では現在のところ把握していないと答えました。
2の市税等の滞納について、私が特にコロナ禍の中で払いたくても払えない場合には親身になった対応を求めたのについて、相談などで親身に対応したいと答えました。3で、職員の早期退職者がおり、生涯浅口市で働くことができるように職場環境の改善への努力については、今後とも努力したいと答えています。
私以外の質問者と質問項目は以下のとおりです。
石井由紀子議員・・・1 DVと児童虐待について 2 浅口市産後ケア事業について 3 コロナ感染が収まらない中で、施設の利用の仕方について
横山達士議員・・・1 学校教育問題について 
中西美治議員・・・1 防犯カメラの設置・管理状況について
2 防犯カメラの設置の推進について 3 「防犯カメラ設置及び運用に関する条例」を制定しては

一般質問始まる!

浅口市議会は今日から一般質問が始まり、4人の議員が登壇しました。一般質問の項目は以下の通りです。
香取良勝議員・・1.税金の無駄使いについて問う
藤井立子議員・・1.新型コロナ流行中の災害避難所の在り方について 2.少子化対策について 3.学校の制服を通して考える性差について
沖原有美議員・・1.有害鳥獣被害対策について 2.地域での子どもの居場所作りについて
大西恒夫議員・・1.水道問題その後の進捗状況について 2.市制15周年記念事業について 3.行政協力業務委託について 4.成人式・消防出初式について 4.勇崎大谷線について

一般質問の順番!

浅口市議会の議会運営委員会が本日開催され、下記のとおり一般質問の順番が決まりました。ぜひ傍聴にお越しください!
11月30日(月)9時30分~
 香取良勝議員 藤井立子議員 沖原有美議員 大西恒夫議員
12月1日(火)9時30分~
 桑野和夫 石井由紀子議員 横山達士議員 中西美治議員
12月2日(水)9時30分~
 山下周吾議員 伊澤誠議員

質問通告!

明日から。浅口市議会の12月定例会が開会されます。今回、私の質問通告は以下の予定です。

1 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止について
 新型コロナウイルス感染者が急増し、「第三波」の感染拡大が起こっています。感染拡大から市民の命と健康を守る取り組みが大事です。
 1)浅口市としてこれから感染拡大を防ぐため、どういう対策をしていくのか。
 2)感染拡大防止と社会経済活動の両立のため無症状感染者の早期発見と感染者の保護、追跡がますます重要です。「いつでも だれでも 何度でも」というPCR検査についてどう思うか。
 3)浅口市民がPCR検査を受けるためにはどうすればよいのか。また市内でできるのか。
 4)当面、浅口市として、医療機関、介護福祉施設、保育園、幼稚園、学童クラブなどクラスターが発生すれば多大な影響が出る施設等の関係者に定期的な社会的検査を行ってほしいがどうか。
2 市税等の滞納について
 1)市税等の滞納状況について
 2)滞納が起きる要因についてどうとらえているか。
 3)滞納処分を行う「岡山県市町村税整理組合」と「岡山県
   滞納整理推進機構」について
 4)特にコロナ禍のもと、払いたくても払えない滞納者  
   については親身になった対応を求めます。
3 浅口市職員が生きがい・働きがいをもって働ける職場づくりについて
 1)ここ10年で20歳代・30歳代で退職した正規職員の人数は何
   人か。またここ10年でいわゆる心の病等で病気休暇を取得
   した正規職員の人数は何人か。
 2)人数の実態についてどういう認識か。また対策は。
 3)浅口市衛生委員会について
 4)働き方改革が協調される中で、市民のために働きたいとい
   いう思いで就職した職員が、生きがい・働きがいを持って
   生涯働ける職場づくりをめざしてほしいがどうか。

コロナ感染症対策ー浅口市が2020年12月・2021年1月の水道料を免除!


 浅口市では、新型コロナウイルス感染症対応で頑張っている各ご家庭を支援するため、2020年12月・2021年1月分の水道料金を全額免除することを今日発表しました。これは今年の4月・5月の免除に続いて二回目の措置です。なお、下水道料金については免除になりませんので、無いとは思いますが、水道を過度に使用しますと下水道料金が上がることになりますので注意が必要です。新型コロナウイルス感染症の第3派とみられる感染が広がっています。各ご家庭で必要な手洗い等はしっかりしてほしい思います。